効果的な滅菌とガンマ線


滅菌として有名なガンマ線

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
5月 19, 2014 at 9:12 PM

滅菌として有名なガンマ線

エックス線といえばレントゲンで有名な放射線ですね。

人間の骨格の状況を調べるのに適した放射線として知られています。

しかしガンマ線という名前はなかなかピンと来られるかたはいらっしゃらないのではないでしょうか。

滅菌処理に用いられていることで知られているんですが、そもそもガンマ線滅菌というのはどういったものなのかについてお話した方がよさそうですね。

まず第一に、ガンマ線はエックス線や紫外線などと同じ光や放射線と同じような種類に属します。

ですから相応に対処や設備が必要にはなるんですけれども、ガンマ崩壊を意図的におこなうことから実験などに用いられる場合は特に施設としては重厚なものが必要になるんだそうです。

発生のメカニズムは原子核のガンマ崩壊が、原子核ひとつにつき1ベクレルの発生につながります。

原子サイズですから滅菌で発生するベクレル値はもっとはるかに大きなものになります。

それらを照射することで滅菌を行うわけです。

効果的な滅菌とガンマ線

ガンマ線滅菌という滅菌方法をご存知でしょうか?そもそもガンマ線そのものをご存知ないかたも多いのではないでしょうか。

ガンマ線というのは、放射線の一種です。

金属以外の物質に作用し、特に菌に対しての滅菌作用に有効性がみとめられているため、いくつかの企業が受注を請け負う形で処理をおこなっています。

ではいったいどのようなものを主に処理しているのかというと、病院で使われる機器でも、使い捨てで管理されている注射器や、人工の肝臓などの滅菌処理に利用されています。

ガンマ線の滅菌に挑戦

ほかにも、普段私たちが利用している加工食品の包装材などについても処置をおこなうのに、ガンマ線を使っています。

これらの処置になぜガンマ線を用いるのかというと、従来の方法…たとえば火炎をつかった(バーナーなどで燃やして殺菌する)方法などでは注射器が燃えてしまいますし、乾燥法においても、160度から180度という熱処理を想定しているため、耐えることができません。

蒸気法についても同様なのです。